Studio Mass Mastering

当スタジオでは、「10年後も愛される音創り」をテーマとして
こだわりのアナログ機材、オーディオケーブルを使ったマスタリングサービスを提供しています。

 

Moroishi Masaoki

Moroishi Masaoki

Studio MASS Owner

何回でも、繰り返し聴きたくなる音、時代に埋もれ色褪せない音を目指しています。
現在では、年間100タイトル程度のマスタリングを行っており、その対応力と音質には定評があります。
2017年の夏に、敬愛するStarling Soundのマスタリングエンジニア、グレッグカルビ氏より研修を受け、世界レベルの技術水準を学びました。
2018年から(株)フリーバードにて、高級オーディオケーブルのReference Laboratoryの総代理店の指名されました。マスタリングとケーブルの両側面から日本の音楽をより楽しくしていくことを画策中です。

Recent Wroks

最近、マスタリングで参加をさせていただいた楽曲の一部抜粋です。

Ozone8から考えるマスタリング用リミッターの選びかた

久しぶりの投稿になってしまいました。 おおよそ、2年ぶりでしょうか。 ただ、この2年間ボーっとしていたわけではなくて、 配信世代の音楽制作プラットフォームのPHLUXXの立ち上げに奔走したり……。 Starling Soundに教えを乞いにいったり……。 とそれなりに忙しく過ごしていたのでした。 あ、もちろんマスタリングも日常的にやっていて、着実にスキルアップをしていますよ笑...

マスタリングでJANコードとISRCって必要なの? 

アーティストの方や、インディーズミュージシャンによく質問されることですので、ポストしておきます。 「ISRCとかJANコードがないと、CDにできないの?」 これについては両方とも無くてもできます。 ただ、それなら必要ないね!と判断するには それぞれ、 どんなものか? どんな時に必要になることがあるか? を知っておく必要があります。   まず、申請が必要な人は レーベルに所属していなくて、itunesやAmazonでの流通を考えている方 になります。 最近では、配信の力が強くなってきていることと、...

僕がマスタリングエンジニアに憧れた理由

僕が、マスタリングエンジニアになろうと思った理由・・それは マスタリングエンジニアの先輩の仕事に感動したからです。 ちょっとした思い出話をしてもいいでしょうか。 ある日、ラッキーが重なり、日本最高峰のマスタリングスタジオで立会う機会に恵まれました。 (立ち会ったスタジオの名前はあえてだしません。) エンジニアさんが音をかけながら、機材のツマミをいじる。 そうすると、音楽の印象がガラっと変わっていきます。 暗くなったり、明るくなったり、色が付いたり、安心できるような音になったり・・・...

知っておきたいマスタリング前の作法 2MIX書き出し時にお願いしたいこと

ここでは、マスタリング前の2MIXで気をつけていただきたいポイントを紹介します。   リミッターやトータルコンプは外してください。 歪みや、かえって音量をあげられない原因になってしまいます。 なるべく、リミッターや、トータルコンプが無い方が良く仕上がります。 ↑このように海苔状態だと、うまく調整できないことがあります・・   「リミッターありきでミキシングしてるんだけど?」 そんな声が時々聞こえてきますが、そういった場合は、 リミッターありのモノと無しのモノを二ついただけると助かります。...

フォーマットについての話  サンプリング周波数とビット深度について

このあいだ、あるディレクターさんから 「配信のほうがCDより音が良いんですよね?」 「配信の種類にもよるのですが、確かに、フォーマットは違いますね。」 「フォーマットってどういうことです?」 こんなやり取りがありました。 インターネットで調べて見ると詳しい解説が乗っていますが、 いかんせん、しっかりと説明をしようとすると数式や、専門用語を避けて通れません。 きっと、その詳しさに心を折られている人も多い気がします   そこで、正確さよりも分かりやすさ重視で解説していきます。   たとえば、CDの44.1khz...

マスタリングの公式

僕の中で、こんな公式がピンときます。 ミックスの仕上がり × マスタリングエンジニアの腕 = 音源(CDの音) 売り物として許せる、最低限の仕上がりが、100点満点で、50点だとします。 たとえば、 ミックスの仕上がりがいまいちで、40点だったとしても、 マスタリングエンジニアの腕がよければ70点ぐらいにすることができます。 逆に、ミックスが100点なのに、マスタリングが適当だと、30点ぐらいになってしまうこともあります。 ミックスをやる人の中には、マスタリングも自分でやってしまう人も多いです。...

マスタリングの本当の意味について考えてみました。

「マスタリングってどんなことをするの?」   そう聞かれたときに、いろいろなことが頭に浮かびます。 もし、教科書的な答え方をすれば、 マスタリングはミックスされた音源(2mix)を、アルバムを通じて違和感がないように、曲間の調整や、音量の調整、プレス工場が直接読み取れる形への変換をすること ということになります。 これは正確には、プレマスタリングというもので、 広義のマスタリングは、CDのスタンパー(プレスの金型)を作成するところまでは入ります。...

料金改定のお知らせとキャンペーンの実施について

Studio MASSは、開業当初よりハイレベルなマスタリング設備の導入に努めて参りました。 設備の充実、スキルの向上により、国際水準のマスタリングスキルを提供できるようになったと自負しております。 さらなる事業拡大のため、つきましては、2018年1月1日より下記の料金に改訂を致します。 誠に勝手ではございますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。   マスタリング 1曲 1万円 音作りの殆どをアナログアウトボードで行います。デジタルリリース、CDなど全てのフォーマットに対応を致します。...

Ozone8から考えるマスタリング用リミッターの選びかた

Ozone8から考えるマスタリング用リミッターの選びかた

久しぶりの投稿になってしまいました。 おおよそ、2年ぶりでしょうか。 ただ、この2年間ボーっとしていたわけではなくて、 配信世代の音楽制作プラットフォームのPHLUXXの立ち上げに奔走したり……。 Starling Soundに教えを乞いにいったり……。 とそれなりに忙しく過ごしていたのでした。 あ、もちろんマスタリングも日常的にやっていて、着実にスキルアップをしていますよ笑...

Studio MASSはMastered for iTunesの認定スタジオとなりました!

Studio MASSはMastered for iTunesの認定スタジオとなりました!

米アップル社のBuddyさんと2ヶ月程度のやり取りの末、 Studio MASSはMastered for iTunesのプロバイダーとして、認定をされました。 まだ、Mastered for iTunesの公認マスタリングスタジオは日本にはあまり多くありません。 名だたるメジャーなスタジオたちの中にStudio MASSも名を連ねることになりました。 (そういうと、大げさにきこえて、なんだか照れるのですが・・・汗) ここでは、Mastered for iTunesとは、そもそも何か。...

マスタリングでJANコードとISRCって必要なの? 

マスタリングでJANコードとISRCって必要なの? 

アーティストの方や、インディーズミュージシャンによく質問されることですので、ポストしておきます。 「ISRCとかJANコードがないと、CDにできないの?」 これについては両方とも無くてもできます。 ただ、それなら必要ないね!と判断するには それぞれ、 どんなものか? どんな時に必要になることがあるか? を知っておく必要があります。   まず、申請が必要な人は レーベルに所属していなくて、itunesやAmazonでの流通を考えている方 になります。 最近では、配信の力が強くなってきていることと、...

僕がマスタリングエンジニアに憧れた理由

僕がマスタリングエンジニアに憧れた理由

僕が、マスタリングエンジニアになろうと思った理由・・それは マスタリングエンジニアの先輩の仕事に感動したからです。 ちょっとした思い出話をしてもいいでしょうか。 ある日、ラッキーが重なり、日本最高峰のマスタリングスタジオで立会う機会に恵まれました。 (立ち会ったスタジオの名前はあえてだしません。) エンジニアさんが音をかけながら、機材のツマミをいじる。 そうすると、音楽の印象がガラっと変わっていきます。 暗くなったり、明るくなったり、色が付いたり、安心できるような音になったり・・・...

4ステップで出来る!DTMプラグインマスタリング講座

4ステップで出来る!DTMプラグインマスタリング講座

マスタリングをする前に!! -必ず守って欲しい二つのポイント- ・必ず3日は空けましょう! というのも、自分で作った曲やMIXをマスタリングするとなるとどうしても客観性にかけてしまいます。 もしかしたら自分のMIXが篭っていたり、ハイやローが強すぎたりするかもしれません。 製作段階から立ち会ったものは、2MIXが出来上がった後は時間をおきましょう。   ・2mixは作法を守って書き出しましょう! こちらの記事で解説しているお作法を守って書き出しましょう! 特にリミッターの有無で仕上がりは大きく変わります。...

知っておきたいマスタリング前の作法 2MIX書き出し時にお願いしたいこと

知っておきたいマスタリング前の作法 2MIX書き出し時にお願いしたいこと

ここでは、マスタリング前の2MIXで気をつけていただきたいポイントを紹介します。   リミッターやトータルコンプは外してください。 歪みや、かえって音量をあげられない原因になってしまいます。 なるべく、リミッターや、トータルコンプが無い方が良く仕上がります。 ↑このように海苔状態だと、うまく調整できないことがあります・・   「リミッターありきでミキシングしてるんだけど?」 そんな声が時々聞こえてきますが、そういった場合は、 リミッターありのモノと無しのモノを二ついただけると助かります。...

フォーマットについての話  サンプリング周波数とビット深度について

フォーマットについての話  サンプリング周波数とビット深度について

このあいだ、あるディレクターさんから 「配信のほうがCDより音が良いんですよね?」 「配信の種類にもよるのですが、確かに、フォーマットは違いますね。」 「フォーマットってどういうことです?」 こんなやり取りがありました。 インターネットで調べて見ると詳しい解説が乗っていますが、 いかんせん、しっかりと説明をしようとすると数式や、専門用語を避けて通れません。 きっと、その詳しさに心を折られている人も多い気がします   そこで、正確さよりも分かりやすさ重視で解説していきます。   たとえば、CDの44.1khz...

マスタリングの公式

マスタリングの公式

僕の中で、こんな公式がピンときます。 ミックスの仕上がり × マスタリングエンジニアの腕 = 音源(CDの音) 売り物として許せる、最低限の仕上がりが、100点満点で、50点だとします。 たとえば、 ミックスの仕上がりがいまいちで、40点だったとしても、 マスタリングエンジニアの腕がよければ70点ぐらいにすることができます。 逆に、ミックスが100点なのに、マスタリングが適当だと、30点ぐらいになってしまうこともあります。 ミックスをやる人の中には、マスタリングも自分でやってしまう人も多いです。...

マスタリングの本当の意味について考えてみました。

マスタリングの本当の意味について考えてみました。

「マスタリングってどんなことをするの?」   そう聞かれたときに、いろいろなことが頭に浮かびます。 もし、教科書的な答え方をすれば、 マスタリングはミックスされた音源(2mix)を、アルバムを通じて違和感がないように、曲間の調整や、音量の調整、プレス工場が直接読み取れる形への変換をすること ということになります。 これは正確には、プレマスタリングというもので、 広義のマスタリングは、CDのスタンパー(プレスの金型)を作成するところまでは入ります。...

Twitter

Studio MASSは配信時代の次世代プラットフォーム、PHLUXX(フラックス)に参加をしております。