マスタリングの公式

僕の中で、こんな公式がピンときます。

ミックスの仕上がり × マスタリングエンジニアの腕 = 音源(CDの音)

売り物として許せる、最低限の仕上がりが、100点満点で、50点だとします。

たとえば、

ミックスの仕上がりがいまいちで、40点だったとしても、
マスタリングエンジニアの腕がよければ70点ぐらいにすることができます。
逆に、ミックスが100点なのに、マスタリングが適当だと、30点ぐらいになってしまうこともあります。
ミックスをやる人の中には、マスタリングも自分でやってしまう人も多いです。
しかし、予算がなくて仕方なくという場合以外は、しっかりとマスタリングエンジニアにお願いするべきです。

 

まず、ミックスとマスタリングは全く別のスキルです。

ミックスでは、それぞれの楽器の音量や音質を調整できるのに対して、

マスタリングはあくまでも2MIXを加工します。

なので、ミックスほど自由になんでもできるわけではありません。

反面、マスタリングで調整することで出てくる質感や聴きやすさというものはあります。

 

次に、作品の完成を、第三者がやることで、

品質のチェックをする意味合いがあります。

最終的なCDの音を決めるために、全部ひとりで完パケというのは、リスキーなことだと思います。

 

仕事柄、ミュージシャンからCDをよく受け取ります。
ガッチリと作りこんであるモノ、MTRで録音したもの、GrageBandで作ったもの。色々です。
しかし、中には、全部を自己流でやってしまい、聴くのが辛い、2回聴きたいとは思えない。
そんな、仕上がりになっているものを時々あります。

作品にかける想いを考えると、言葉にならない悔しさで、涙がでてきます。

 

ミュージシャンが自分の音を自分だけで仕上げることができる。

それができるのが、理想です。

しかし、そのためにおさえるべきポイントや、ノウハウは少なくありません。

エンジニアが職業として存在しているのには理由があるのです。

万全を期すという意味では、やはりプロにお任せするのがおすすめです。

20年後も愛される音を作りたい

Studio MASSでは高品質のアナログマスタリングを低価格で提供しております。

レコーディングスタジオでTDされた音源
MA前のCMソング・MTRで作った自作CD
ハイレゾ配信用音源
など、様々なご依頼での実績があります。

「予算はきびしいけれど、音には妥協をしたくない!」
「納期がギリギリだけど、どうしよう・・・」
ご要望に、1曲、1曲まごころを込めて対応させていただきます。
まずはお気軽にご相談下さい。


お問い合わせはこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*