Equipment

電源

良い音は、まずは電源から。
200Vを単独で引き込み、アイソレーションダウントランスを経由し、クリーンなバランス伝送の100V 115Vに変換して使用しています。

ケーブル

Reference Laboratory社のケーブルで統一しています。

さらに、楽曲に応じて複数種類のハイエンドケーブルを使い分けております。

Monitor system

PSI A21m

知る限り、DSP非搭載でもっともフラットな特性を持つアクティブスピーカー。
音を楽しむスピーカーと言うよりも、正確に音を再生することに特化されたスピーカーです。
メインモニターとして使用しています。

JVC EX-HR5

マスタリングスタジオにおいて使われる事の多いウッドコーンです。
コンパクトながら超高域の量感、ローのサステインなどが見えやすく、
サブモニターとして重宝しています。

 

Logicool Z120BW

現代的な解像度を持つ安価なPCスピーカーです。
マスタリング後の音源がどのように鳴るかや、
歪みのチェックに最適です。

HEDD Audio HEDDPHONE

驚異的な解像度/実体感と、驚異的な重さを持つハイエンドヘッドフォンです。
マスタリング時の音像の大きさ、トータルバランスの再確認に使用します。
長時間の使用にはご注意ください。

YAMAHA HPH-MT8

これまで聞いてきた同価格帯のヘッドフォンの中ではダントツの見やすさ、ハイファイさ、ロー感を持つ現代的なヘッドフォンです。
ミックスやマスタリング時の細かな部分の再確認や、ボーカル録り時のエンジニアモニターに使用します。

Sony MDR-7506

900STのような歯擦音監視のしやすさを持ちつつ、中低域方向にもプライオリティを割り振ったヘッドフォンです。
現代の音楽には900STはハイ上がりすぎると考え、この機種で痛いサウンドが無いか確認しています。

 

Apple Air Pods Pro

既に大事な仕事道具となってしまっているAir Pods Pro。
信じられない程の音像再現度、
普及率を考えても外せないチェック項目です。
出先での音源チェックやマスタリングの出来栄えの確認に使用します。

2400 Audio Imperium

 

パッシブ回路による一切の劣化が無い音と任意でプログラミング可能な8段階の音量調整などが特徴のモニターコントローラーです。
0db以外でビット落ちが発生するDAや、毎日一定の音量で監視をしたい作業時に最適。
モノラル+片チャンネル位相反転によるSideチャンネルのみの監視も可能です。

DA/AD

Merging Anubis

Hapiと同等のAD/DA精度を持ち、モニターコントローラー、SoundIDによるモニター補正も兼ね備えたオールマイティなインターフェイスです。
ネットワークにHapiなどを追加する事によるチャンネルの拡張性もあり、ボーカルレコーディングからマスタリングまで、全ての工程を担える働き者です。

Out Board

SPL PQ

当スタジオのメインEQです。
2種類のQタイプを備え、使い方によっては0.1db以下の精度での増減も可能な細やかさを持ちつつリコールが可能なモンスターEQ。
ボックストーンも凄まじく、通すだけでもトランジェントが濃密になるような強度感が得られます。

Dangerous Music Bax EQ

これまでに聴いた事が無いような美しいカットフィルタと艶やかなシェルフを持ったEQです。
PQで補えない部分を無駄無く完璧にアシストする名補佐役。

Avalon VT747SP

VT747F-392051412e0de0acc450352c0f7b60f5

真空管オプトコンプとパッシブEQがついたマルチユニット。
所謂Avalonトーンを加え、2mixにメジャー感をだしていきます。
ソリッドステートのハイファイさも、tube signal pathの伸びやかさも捨て難い名機です。
35khzのハイシェルフやコンプのサイドチェインEQが使いやすく、重宝しています。

Pendulum PL-2 JFET/MOSFET Analog Peak Limiter

PL-2FrontHIRes

アナログのブリックウォールリミッターです。
突発的なピークをナチュラルなニュアンスのまま処理をして、音を整えます。
STERLING SOUNDでも採用されている、信頼のおける仕事人です。

KAHAYAN pro audio SOLID 4000 500

アナログミキサーの飽和感を再現するサチュレーターです。
オンにするだけで多くの人がアナログに求めるであろうアナログ感を付加した音になり、ゲインの増減によって自然な天井感をコントロールします。

 

Roll Music Systems RMS 755

SSL G BUS COMPタイプのコンプレッサーです。
従来のバスコンプにも搭載されていたAutoリリースに似た機能を全てのリリースタイムに適用出来る優れもの。
ボックストーンはローのリリース感/量感を嫌味無く僅かに引き伸ばすもので、ビートミュージックからロックまで幅広く適応します。

Kush Clariphonic

独特なパラメーターを持つパラレルイコライザーです。
音痩せを一切感じさせる事なくクリアに、パワフルに高域を持ち上げる事が可能です。

Looptrotter SAT 500

繊細なハーモニクスの付加から暴れるオーバードライブまで自在なサチュレーションモジュールです。
過大入力時のエグみのある歪みはデジタルには置き換え難いものがあります。
ステレオで利用する為2台導入しています。

Black Lion Audio Bluey

クリスロードアルジが所有する1176ブルーストライプを基にしたコンプレッサーです。
ベースやボーカルなどを安定させ、ミックスの中で埋もれずかつうるさくない音色に仕上げます。

Mic,Micpre,DI

JZ microphones BB29

現代的な超高域の伸びと低域の解像度を持つマイクです。
近めでのボーカル録音ではミキシング時コンプレッサーが必要無いのではないかと思うほどの密度感があり、
迫力あるトラックの中でも埋もれないパワー感を演出してくれます。

Shure SM7B

マイケルジャクソン”スリラー”の録音や、ラジオ局などでも使用されてきたマイクです。
声を”吹き込む”ような独特の味があるため、コンデンサーマイクとは違うキャラクターが必要な際に使います。

AMS neve 88 RLB

マイク/ラインプリアンプ/DIです。
ニーヴならではの厚みと落ち着きのある音色で取り込みが可能で、
ReGenerationボタンによってLineやDI使用時にもマイク用トランスを通過させより濃厚なキャラクターを得られます。
ステレオで利用する為2台導入しています。

API 512c

マイクプリアンプ/DIです。
パリッとした独自のキャラクターを持ち、
録音時には目的に合わせneveとの使い分けが可能です。
ステレオで利用する為2台導入しています。

cranborne audio camden 500

とことんクリーンな増幅部+MOJOでのどこまで過激にしても心地よいキャラクターの組み合わせが最高なプリアンプ。
API,Neveの色付けを避けたいときや、
逆に強力な色付けを必要とする際に使用します。

Umbrella Company Signalform Organizer

ギターやベースなどのハイインピーダースシグナルの形を変える事なく、そのままの音で収録可能なDIです。
リアンプやミックスでのギターエフェクターの利用も可能です。

Mastering Desk

スペインの家具メーカーCuruxa Customsのデスクを採用をしています。
このデスクを採用してから姿勢が大きく改善し、腰痛に悩まされることがなくなりました。

DAW

Studio One 5

Steinberg WaveLab

01_WaveLab_8

Apple Logic pro X

AVID Protools

Reaper

Plugins

DMG/izotope/Waves/Fabfilter/Plugin Alliance/Slate digital etc…..