お役立ちコラム

ここでは、マスタリングにまつわるお役立ち情報や、個人的なお話などを投稿していきます。

Ozone8から考えるマスタリング用リミッターの選びかた

久しぶりの投稿になってしまいました。
おおよそ、2年ぶりでしょうか。
ただ、この2年間ボーっとしていたわけではなくて、
配信世代の音楽制作プラットフォームのPHLUXXの立ち上げに奔走したり……。

Starling Soundに教えを乞いにいったり……。

とそれなりに忙しく過ごしていたのでした。
あ、もちろんマスタリングも日常的にやっていて、着実にスキルアップをしていますよ笑

さて、僕の近況はどうでもいいとして。

Twitterをみていると結構リミッターに皆さんの関心が向けられているのを感じるので、リミッターの選びかたとその考え方についてポストをしておきたいと思います。

リミッターに何を期待しているの?

リミッターが自分の製作スタイルに合う合わないの判断は結局のところ、
「リミッターに何を期待しているか?」に尽きるように思います。
なので、ここでは良くも悪くもリミッターが及ぼす影響について、どんな要素があるのかを考えていきましょう。

「あの有名人が使っていたから!」
「あの人がイイといっていたから!」
というのは、あながち間違いにたどり着きにくかったりはします。
が、それだと自分にとっての正解をいつまでも選べません笑

でも、最初はみんなそうだし、基準なんてあってないようなものです。
なので、ちょっと整理して考えてみるのにはいい機会なのかな、なんて思いこれを書いています。

リミッターを選ぶときに考える3つの要素。

リミッター自体の音質の変化

リミッターには、無色透明なものもあれば、そもそもリミッターを挿した時点でそのリミッターの音になるタイプのものも存在しています。ソフトウェアのクセという部分でしょうかね。
難しい話を抜きしていうなら、
L2だとか、OzoneのVintage Limiterなんかは色付けのカテゴリです。

リミッターがかかっているときの音質の変化

リミッターはただピークを潰すだけではなくて、リミッティングがかかったときにどうやって処理をするかで、音に影響を与えます。ここが透明であればあるほどいいという考えかたと、味付けがある方がいいという考え方、両方あります。

透明さでいえば、HOFA IQ-LimiterやFlux Pure Limiterが特徴的かなと。

機能性、使いやすさ

リミッターとひとえにいっても、色々な種類や操作性を持っているものが存在しています。
ただ、スレッショルドを下げるだけのお手軽なものから、TP機能をもっていたり、詳細にリミッターの効き方を調整できるものまで振れ幅が激しかったりします。

見やすさなら、FabFilterのPro-L、機能性ならTDR Limiter6GEは調整幅が非常に広いですね。

で、この3つの要素の中で、自分の中で何をリミッターに期待しているかをはっきりとさせることが、正解を選ぶ近道になるように感じているわけです。

リミッター前の味付けをどういうモノでするのか。
あるいは、リミッターそのもので味付けをしたいのか。

一度、自分の中で何を求めているのかをはっきりさせておくことで、リミッター以外のことに集中することができるようになるはずです。

僕のリミッターの好みと考え方について

リミッターには明確にキャラクターを求めます。
なので、リミッター自体の音質の変化は歓迎する人です。
ちょっとしたことではあるんですけど、コンピレーションアルバムを仕上げるときなんかは、結構リミッターのキャラクターがあると有難かったりするんですよね。

リミッターがかかっている音質の変化はある程度歪み感がある方が好きです。
クリアにリミッティングすることの良さはわかった上で、音圧を入れる場合は歪感がある程度ないと難しいように感じています。そもそも、リミッターにそんなに突っ込むことは無いんですけど、歪みで受け止めてあげることで、耳ざわりが優しいほうが聞きやすいかなと。

機能性、見やすさについては、シンプルなものが好みです。
これは、リミッターに対してそこまで細かくカスタマイズしてのぞむよりも、マスタリング時はEQに集中したいからです。なので、見た目上はシンプルですぐに使えるものが好きです。
また、機能性についてはTP機能(トゥルーピーク)が必須です。これがないものはその時点で選択肢から外れます。
TP機能が無いと、フォーマットの多様化に対応できないからです。もちろん、実際にTPをONにするかどうかは、音楽を聞いての判断にはなりますけどね。

OZONE8の僕なりの評価

僕がTwitterでOzone8難しいなぁとつぶやいた理由は、Ozone7のときに感じていたメリットが消えてしまったように感じたからです。


詳細を言うと、
リミッターのキャラクターは硬い方向に変化して
歪み感がなくなり、キレイにリミッティングをしてくれるようになりました。
機能性は調整幅が増えて、TP機能は大幅に強化されよりクッキリハッキリ方面になったように思います。

僕の好みとは真逆の方向に進化した印象ではありますが笑
進んでいる方向性が違うだけで、確実にソフトウェアとしての完成度は上がっているように感じます。

なので、
・固めのキャラクターが好き
・歪み感はいらない
・なめらかなTP機能を使いたい
そんな方にはドンピシャなんじゃないかと。
ジャンル的に言えば、EDMだとかエレクトロは相性良さそうな気がします。
が、それも前段の音作り次第かもしれませんね。

OZONE8はAIマスタリング機能なども搭載されて、言いたいことはたくさんあるのですが、今回はリミッターに限ってお話をしてみました。

「むむ、こういう好みだったらこれ試してないのはおかしいんじゃないの!?」
的なレコメンドがあれば、是非教えていただきたいです笑

コメントでもTwitterでも気軽に絡んでくださいね!
ではでは。

マスタリングでJANコードとISRCって必要なの? 

アーティストの方や、インディーズミュージシャンによく質問されることですので、ポストしておきます。

「ISRCとかJANコードがないと、CDにできないの?」

これについては両方とも無くてもできます。

ただ、それなら必要ないね!と判断するには
それぞれ、

どんなものか?

どんな時に必要になることがあるか?

を知っておく必要があります。

 

まず、申請が必要な人は

レーベルに所属していなくて、itunesやAmazonでの流通を考えている方

になります。

最近では、配信の力が強くなってきていることと、

AmazonもCDの販売窓口として無視できない存在になってきております。

手間はありますが、取得しておいて問題ないでしょう。

※アグリゲーターによっては、原盤権を調整して代理で用意してくれるところもあるみたいです。

 

ISRCについて

ISRCは、国際標準レコーディングコードのことです。
レコーディングされたもの1つに対して割り当てられる固有のコードです。

同じ曲でも、別のアーティストが歌っている場合や、バージョンが違えば、

ISRCも別のものになってきます。

ISRCを申請するのは、楽曲の製作者や出資者でないといけません。

 

・どうやってISRCを取得すればいいの?

https://isrc.jmd.ne.jp/application/select.html

日本レコード協会

上記から、プランを選んで登録をします。

 

・いつまでにISRCを取得しておけばいい?

2週間程度が目安です。

 

・どんな時にISRCが必要なの?

itunesなどのストリーミングサービスを利用する時

曲がTVなどで放送された時に2次使用料を受け取る時

 

・ISRCの発行に必要な料金は?

日本レコード協会では事業者用の定額10800円(Uプラン)のものと

1レコーディングごとに324円のプラン(Jプラン)があります。

レーベル事業者で無い限りは、ほとんどの場合Jプランを選ぶことになると思います。

 

・ISRC発行に必要な書類

  • Web上で作成して印刷された申請書
  • 住民票写しの原本(発行3ヶ月以内)
  • 印鑑証明書(発行3ヶ月以内)

上記3つが必要になります。

予め用意しておくとスムーズです。

 

JAN(POS)コードについて

いわゆるバーコードです。

レジでピッとやるアレです。

流通システムセンターが発行をしています。

http://www.dsri.jp/jan/about_jan.htm

流通システムセンター

手売りだけだから問題ないという場合以外は取得しておくべきでしょう。

※プレス先が代理でやってくれる場合もあるみたいです。

・どうやってJANコードを取得すればいいの?

「JANメーカコード利用の手引き」という本を買います。

商工会議所で扱っているものなのですが、普通にamazonでも売っています 笑

1200円です。

この冊子の中にある
「JANメーカコード登録申請書」と「払込取扱票(郵便局用)」を使って申請します。

・どんな時にJANコードが必要になるの?

JANコードは流通全般で機能しているものです。

なので、流通を使う際には基本必要です。

 

・いつまでにJANを取得しておけばいい?

3週間が目安です。

 

・JANコードの発行に必要な料金は

冊子代1200円+登録管理費(3年分)10800円の計12000円が必要です。

一度登録してしまえば999個バーコードを作ることが出来ます。

 

以上です。

手売りのイメージを強く持っていると「ま、面倒だしいいか」ってなることが多いです。

でも、心理的な意味でも、あった方が良いように思います。

どうしても面倒だという場合は、代理で申請してくれる業者を見つけると良いでしょう。

いずれにしても、マスタリングが終わった後から埋め込むと手数料がかかる場合がほとんどです。(DDP再作成が必要なので・・)

余裕を持って、準備をしておきましょう!

僕がマスタリングエンジニアに憧れた理由

僕が、マスタリングエンジニアになろうと思った理由・・それは

マスタリングエンジニアの先輩の仕事に感動したからです。

ちょっとした思い出話をしてもいいでしょうか。

ある日、ラッキーが重なり、日本最高峰のマスタリングスタジオで立会う機会に恵まれました。
(立ち会ったスタジオの名前はあえてだしません。)

エンジニアさんが音をかけながら、機材のツマミをいじる。
そうすると、音楽の印象がガラっと変わっていきます。

暗くなったり、明るくなったり、色が付いたり、安心できるような音になったり・・・

当時、僕はマスタリングの知識をなにも持っていなくて、
どうして、ちょっとツマミをいじるだけでこんなに印象が変わるのか、
どうして、2MIXへの加工で音がこんなに鮮やかになっていくのか。
ミックス完成段階とマスタリング後では、決定的な何かが違う。
けど、それが何なのか・・

「?」が頭の中を駆け巡り、軽くめまいがしたのを覚えています。

僕が録音した楽器陣が、次々にCDの音へと変わっていきます。

それは、大げさじゃなく、魔法のような体験でした。

確かに、レコーディングや、Mixでもミラクルは起きます。
偶然、マイクの位置が下がって、ポイントを外れたら非常によかった とか
間違えたフェーダーを上げたらそれが実に具合がよかったりだとか・・・
そういう意図しない偶然が重なった結果、意外と良かったなんてことは、あります。

でも、目の前で起きているこの変化は、ミラクルを狙って起こしているように見えました。
きっと、数万ある可能性の中での、ベストの形へ、音が次々とおとしこまれていったのだと思います。

超一流の仕事を前にして、
「何をしたらそうなるんですか?」とか「これって何ですか?」
なんて質問すらできず、その場はただただ、圧倒されていました。
(今思えば、聞いておいてもよかったと思いますが・・汗)

その夜、僕は興奮が醒めず、明け方になってもずっと、マスタリングの事を調べていました。
Gearslutzという海外の掲示板で、有名なマスタリングエンジニアの投稿を読んだり、
他の人たちは一体どういう意図で何を使っているのかを調べて見たり・・

思えば、その時には既にマスタリングの虜になっていたように思います 笑

その後、色々なスタジオにお邪魔して、勉強をしました。

そして、レーベルやアーティストさんのCD作りのお手伝いをさせていただくことになりました。
仕事として、あのマスタリングを請け負うようになったのです。
きっと何かの縁かもしれません。

マスタリングしたCDの数が100枚を超えたあたりで、
気が付けば、僕も人からマスタリングエンジニアさんと呼ばれるようになりました。

自分が今聴いている音が、しっかりと感動を運んでいるだろうか。
あのミラクルを今、自分は起こせているだろうか。

今は、そんな自問自答を繰り返し、日進月歩の毎日をおくっています。

知っておきたいマスタリング前の作法 2MIX書き出し時にお願いしたいこと

ここでは、マスタリング前の2MIXで気をつけていただきたいポイントを紹介します。

 

リミッターやトータルコンプは外してください。

歪みや、かえって音量をあげられない原因になってしまいます。

なるべく、リミッターや、トータルコンプが無い方が良く仕上がります。

limitted

↑このように海苔状態だと、うまく調整できないことがあります・・

 

「リミッターありきでミキシングしてるんだけど?」

そんな声が時々聞こえてきますが、そういった場合は、

リミッターありのモノと無しのモノを二ついただけると助かります。

マスターフェーダーを0db超えないところまで下げていただき、書き出してください。
できるだけ大きくというのは16bitが主流だったころの名残で、

24bit環境で製作している場合は、0dbまで余裕があるほうが仕上がりがよくなります。

nonlimitter

↑このぐらい余裕があっても大丈夫です!(ちなみに上の画像と同じ曲です・・!)

音量が飛び出しているところは、コンプレッサー、リミッターをかけてください。

例えば、以下の画像の赤丸部分。

nonlimittermarked

ここの部分だけ、波形がピョンと飛び出ているのが分かるかと思います。

実際に聞いてみると、ブレイクの後、キックとスネアが同時に入るところなのですが、アタックが一瞬だけはみでてしまっている状態です。

このはみ出たところにアタックの早いコンプレッサー、リミッターをかけていただくことで、マスタリング時に音量操作、音質操作がしやすい2MIXになります。

マスタリングは、ミキサーの方との二人三脚での作業になります。

良い仕上がりのために、是非ご協力をお願いいたします。

フォーマットについての話  サンプリング周波数とビット深度について

このあいだ、あるディレクターさんから

「配信のほうがCDより音が良いんですよね?」

「配信の種類にもよるのですが、確かに、フォーマットは違いますね。」
「フォーマットってどういうことです?」
こんなやり取りがありました。

インターネットで調べて見ると詳しい解説が乗っていますが、
いかんせん、しっかりと説明をしようとすると数式や、専門用語を避けて通れません。
きっと、その詳しさに心を折られている人も多い気がします

 

そこで、正確さよりも分かりやすさ重視で解説していきます。

 

たとえば、CDの44.1khz 16bit という規格についてみてみます。

44.1khz
=サンプリング周波数=1秒に何回信号を切り刻むか=収録できる音の高さを決めるもの

16bit
=ビット深度=収録できる音量のきめ細やかさを決めるもの
ということになります。

bitsample

http://www.ratcliffe.co.za/articles/bitdepth.shtml から引用)
デジタルでは、アナログを量産可能なものにするために、非常に細かく切り刻んだものを数値化しています。

 

例えば、超リアルなパラパラ漫画を作ること考えてみてください。

パラパラ漫画をリアルにするためには、二つの要素があることに気づきます。

ページ数と、絵の画質です。

ちょうど、サンプリング周波数はこのページ数にあたるもので、
1秒間に何回、信号を切り刻んで取り込むか、ということになります。

音の世界だと、サンプリング周波数の半分までの音の高さを再現できます。
(色々な法則や仕組みがありますが割愛します。)
そして、ビット深度は絵の画質(色の豊富さ) に例えることが出来ます。

音がどれぐらいの大きさだったのかをどのぐらい細かく記録するかということです。

 

まとめると、44.1khz 16bit というのは

16bitの音量のきめ細やかさで、1秒間に44100回収録したもの、ということになります。

 

では、サンプリングレートやビットレートは大きければ、大きいほど良いのか?

というと、そう単純ではありません。
そこがオーディオの奥深いところですが、そこについては、またの機会に譲りたいとおもいます 笑。

マスタリングの公式

僕の中で、こんな公式がピンときます。

ミックスの仕上がり × マスタリングエンジニアの腕 = 音源(CDの音)

売り物として許せる、最低限の仕上がりが、100点満点で、50点だとします。

たとえば、

ミックスの仕上がりがいまいちで、40点だったとしても、
マスタリングエンジニアの腕がよければ70点ぐらいにすることができます。
逆に、ミックスが100点なのに、マスタリングが適当だと、30点ぐらいになってしまうこともあります。
ミックスをやる人の中には、マスタリングも自分でやってしまう人も多いです。
しかし、予算がなくて仕方なくという場合以外は、しっかりとマスタリングエンジニアにお願いするべきです。

 

まず、ミックスとマスタリングは全く別のスキルです。

ミックスでは、それぞれの楽器の音量や音質を調整できるのに対して、

マスタリングはあくまでも2MIXを加工します。

なので、ミックスほど自由になんでもできるわけではありません。

反面、マスタリングで調整することで出てくる質感や聴きやすさというものはあります。

 

次に、作品の完成を、第三者がやることで、

品質のチェックをする意味合いがあります。

最終的なCDの音を決めるために、全部ひとりで完パケというのは、リスキーなことだと思います。

 

仕事柄、ミュージシャンからCDをよく受け取ります。
ガッチリと作りこんであるモノ、MTRで録音したもの、GrageBandで作ったもの。色々です。
しかし、中には、全部を自己流でやってしまい、聴くのが辛い、2回聴きたいとは思えない。
そんな、仕上がりになっているものを時々あります。

作品にかける想いを考えると、言葉にならない悔しさで、涙がでてきます。

 

ミュージシャンが自分の音を自分だけで仕上げることができる。

それができるのが、理想です。

しかし、そのためにおさえるべきポイントや、ノウハウは少なくありません。

エンジニアが職業として存在しているのには理由があるのです。

万全を期すという意味では、やはりプロにお任せするのがおすすめです。

マスタリングの本当の意味について考えてみました。

「マスタリングってどんなことをするの?」

 

そう聞かれたときに、いろいろなことが頭に浮かびます。

もし、教科書的な答え方をすれば、

マスタリングはミックスされた音源(2mix)を、アルバムを通じて違和感がないように、曲間の調整や、音量の調整、プレス工場が直接読み取れる形への変換をすること ということになります。

これは正確には、プレマスタリングというもので、
広義のマスタリングは、CDのスタンパー(プレスの金型)を作成するところまでは入ります。

スタンパーを作れるのはプレス工場だけでして、ほとんどのマスタリングスタジオは工場は持っていません。

なので、今はプレマスタリング=マスタリングと言ってしまってもいいと思います。

 

でも、どうにも腑に落ちないのです。

それはあくまでも、今、CDが主流なのでそういう話になっているというだけで、どうも本質をついていないように感じます。

 

そもそも、マスタリングが今の姿になったのは、
CDの登場がきっかけです。

CDが登場するまでは、カセットテープやレコードなどのアナログメディアが主流でした。

アナログメディアは、音は素晴らしいのですが、繰り返し聴くと劣化をしてしまいます。

そこで、何回でも聴けて、音がクリアなまま保存できるCDが登場すると、

CDはすぐに主流のメディアとなりました。

ところが、CDはデジタルメディアです。

当時のエンジニアたちは、アナログからアナログについてのノウハウはもっていましたが、アナログからデジタルへのノウハウはありませんでした。
デジタルとアナログは全く別世界のモノだったのです。
そこで、オープンリールを扱う職人や、録音機器の開発する職人たちがあつめられ、

どうすればCDに、きれいな音で収音できるか。

どうすれば、違和感なく作品を聞いてもらえるか。

みんなにもっと聞いてもらうにはどうすればいいか。

それに、みんなが、どんな音が聞きたいのだろうか。

たくさんの工夫を積み重ねて、こうすればいいものになるといったノウハウを蓄積していきました。

それが、今のマスタリングの手法とつながっています。

 

そして今、長かったCDの時代が終わり、配信に移ろうとしています。

はたして本当に移るのか、現段階では、僕はわかりません。

 

ただ、一つ言えるのは、

マスタリングは時代とともに、
変わっていくものだということです。

例えば、同じCDという媒体でも、

1980年のものと2000年のものでは、音量も音質もまるで違います。

 

言い換えれば、マスタリングとは

作品を「今」という時代に落とし込む

そんな作業といえるかもしれません。

 

良いマスタリングエンジニアは常に、

「今」求められているサウンドが何なのか。

「今」、この作品の感動を届けるためには何をするべきか。

それを、追い求めています。

 

だから、

「マスタリングってどんなことをするんですか?」

と聞かれたときには、

「作品の良さを、「今」あう形に磨くこと」

と、答えています。